MENU
news
profile
works
gallery
link
mail
staff★odahideji.com
※★印を@に変えてください。



2012年

line

創作漫画同人誌即売会『MGM99.5』に参加!
 

創作漫画同人誌即売会 「MGM99.5」に参加します!

『小田ひで次個人誌版 御遊戯』、『小田ひで次個人誌版 御遊戯2』、『手づくり版御遊戯』を販売予定です。

2012年9月1日(土)
15:00〜19:30
板橋区立グリーンホール1階ホール

http://mgm-stuffroom.droppages.com/


line

創作漫画同人誌即売会『MGM99』に参加!
 

創作漫画同人誌即売会 「MGM99」に参加します!

『小田ひで次個人誌版 御遊戯』と『手づくり版御遊戯』を販売予定です。

創作漫画同人誌即売会 MGM99
スペースNo.『55』

2012年6月10日(日)
11:00〜15:30
板橋区立グリーンホール1階ホール

http://mgm-stuffroom.droppages.com/


line

NHK WORLD TV「imagine-nation」にてインタビューを受けました
 

 NHK WORLD TV「imagine-nation」という番組の「クリエーターズインタビュー」コーナー(5分程度)にて、氏のインタビュー映像が放送されます。下記日程以外での再放送は予定されていないようなので、お時間ある方は是非!

放送日:2月8日(水)

初回放送:8:30〜9:00
リピート放送:12:30〜13:00 / 16:30〜17:00 / 20:30〜21:00 / 24:30〜25:00 / 28:30〜29:00

・PCでご覧になる方「imagine-nation

・iPhone、iPadでご覧になる方
無料アプリケーションをダウンロードしてご覧頂くこともできます。
iPhoneでご覧になる方
iPadでご覧になる方


line

氏より年賀状
年賀状   氏より皆様宛の年賀状が届きました。
※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。


line

Twitter公式アカウントを取得しました

携帯電話、パソコンの類を持っていない氏に変わって、Twitterアカウントを取得しました。
https://twitter.com/odahideji


2011年

line

世田谷アートフリマ in 文学館

昨年に引き続き「世田谷アートフリマ」に参加する事になりました。同人誌『小田ひで次個人誌版 御遊戯』や肉筆原画の販売を行います。

小田ひで次が終日ブース内で何か描きながらまったりしておりますので、お気軽にお声掛けください。

【世田谷アートフリマ in 文学館】
日時:2011年11月3日(木・祝)AM10:00〜PM6:00
場所:世田谷文学館 文学サロン
入場無料

詳しくは世田谷アートフリマにて


line

COMITIA98に参加します

COMITIA98(10/30開催)に参加します!

『小田ひで次個人誌版 御遊戯』をご購入頂いた方に、書き下ろし短編(B5版、コピー、全1ページ)を差し上げます。

※氏は宇都宮文星短期大学の北斗祭に参加するためおりません。

スペースNo.『A24a』

2011年10月30日(日)
11:00〜16:00
有明・東京ビッグサイト西1・2ホール
comitia97


line

『東日本ふるさと物語』発売

※クリックするとAmazon.jpにリンクします。

描き下ろしアンソロジー「東日本ふるさと物語」が発売されました。

2011年3月11日の大震災で大きな傷跡をうけた東日本地域、東北5県(秋田・山形・岩手・宮城・福島)に茨城県を含めた、計6県の出身となる12人のマンガ家が結集。それぞれの故郷への想いをモチーフに、12本の読み切り作品を競作。

『東日本ふるさと物語』 (トクマコミックス)
出版社/徳間書店
発売日/2011/8/5
価格1,200円


line

COMITIA97・新刊「小田ひで次個人誌版 御遊戯」発売

COMITIA97(8/21開催)にて、36Pの書き下ろし1作品と、一般流通していなかった5作品をまとめた同人誌『小田ひで次個人誌版 御遊戯』を発売致します。30年振りとなる同人誌です。ご期待ください!
※イベント当日は氏もブースにおります。

スペースNo.『き01a』

2011年8月21日(日)
11:00〜16:00
有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
comitia97


line

Twitter公式アカウントを取得しました

携帯電話、パソコンの類を持っていない氏に変わって、Twitterアカウントを取得しました。
https://twitter.com/odahideji


line

自主制作漫画紙展示即売会『COMITIA97に参加します。

COMITIA97(8/21開催)に参加します。創作まんが同人誌即売会の草分け「MGM」の主催である、亜庭じゅんさんが亡くなられた事を受け「MGMゾーン」が設けられるそうです。およそ30年前に氏も参加しており、声を掛けて頂きました。COMITIAの詳細、MGMの深い関係性など、詳しくはCOMITIA公式サイトをご覧ください。

comitia97
2011年8月21日(日)
11:00〜16:00
有明・東京ビッグサイト東5・6ホール

※出品内容はまだ未定です。


line

東北地方太平洋沖地震にて被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

メッセージ

被災された方々へのメッセージイラストが「漫画街」に掲載されています。※イラストをクリックすると拡大します。


line

地域マンガ単行本「コミックいわて」発売

※クリックするとAmazon.jpにリンクします。

岩手県と岩手日報社の共同で、「岩手県」に焦点を当てた地域マンガ単行本「コミックいわて」が出版されます。岩手を題材にした本県ゆかりの漫画家によるマンガ作品集で、氏の書き下ろしが収録されています。

掲載作家
池野恋、神田♥ジョセフィーヌ、とりのなん子、そのだつくし、吉田戦車、佐藤智一、地下沢中也、飛鳥あると、小田ひで次、くどうよしと

『コミックいわて』
出版社/岩手県、岩手日報社(共同出版)
発売日/2011/1/28
価格700円
収録作品集10作品


line

氏より年賀状

 氏より皆様宛の年賀状が届きました。
※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。


2010年

世田谷アートフリマ in 文学館

世田谷アートフリマに氏が参加する事になりました。
小田ひで次の全貌と可能性を自らざっくり探る試み。小田ひで次ブースでは、原画の展示、単行本未収録作品の展示や、「おはようひで次くん」書き下ろしプチ絵画の販売など。
その場で「平成マンガ家実在物語 ひで次くん!」をお買い上げの方、または持参頂いた方に、サインと小田トーンを差し上げます。尚、小田トーンは数に限りがあるので無くなり次第終了します。
当日は小田ひで次本人も、終日ブース内で何か描きながらまったりしておりますので、お気軽にお声掛けください。

【世田谷アートフリマ in 文学館】
日時:2010年11月3日(祝)AM11:00〜PM5:00
場所:世田谷文学館 文学サロン
入場無料

詳しくは世田谷アートフリマにて


line

『平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん!』完結!
おはようひで次くん※クリックするとAmazon.jpにリンクします。  エンターブレインより『平成マンガ実在物語 おはようひで次くん!(2)』が発売!

内容紹介
「ひで次くん、すばらしいですよ!」漫画家・鈴木志保絶賛! 「なんでも描く」そう決意したひで次くんの元にやってくるのは、 大学のマンガの講師、フランスからの執筆依頼など一筋縄ではいかない仕事ばかり。 そんな中、待望の連載がスタートし、アニメ化も決定するのだが……。 虚実ないまぜで描かれる、ひとりのマンガ家の生生しき実存。 ユーモアとペーソス溢れる小田ひで次の新境地、ここに完結!

『平成マンガ実在物語 おはようひで次くん!(2)』
出版社/エンターブレイン
発売日/ 2010/6/15

line
『平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん!』発売
おはようひで次くん※クリックするとAmazon.jpにリンクします。  エンターブレインより『平成マンガ実在物語 おはようひで次くん!(1)』が発売になります!

内容紹介
「小田さん、面白いっすよ! やればできるじゃないですか。」黒田硫黄(漫画家)絶賛! かつて血の滲むような気魄で傑作『拡散』を描きあげた孤高 のマンガ家・小田ひで次。しかしその後スランプに陥り、今では古本屋の雇われ店長になっていた。そんな彼の元に、かつての担当編集者が現 れて、エッセイマンガの依頼をするが……。
 描くものがなくなってしまったマンガ家は、ふたたび描けるようになるのか。明るく情けなく描か れる、小田ひで次の新境地!

『平成マンガ実在物語 おはようひで次くん!(1)』
出版社/エンターブレイン
発売日/ 2010/5/17

line

新連載『でじちゃんからのFAX』スタート!!
勇気をくれる女たち※クリックするとAmazon.jpにリンクします。  「イブ Special春号~勇気をくれる女たち~ 」2010年 04月号(秋田書店)より新連載がスタートしました!  叔父さんと姪っ子たちのファジーなコミュニケーション!『でじちゃんからのFAX』。
line
氏より年賀状
年賀状   氏より皆様宛の年賀状が届きました。
※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。
line
2009年
parts 小田ひで次 漫画展“チカジとチカチン縄文街道をゆく”

bunkamura
※クリックすると拡大します。

 氏の出身地、岩手県八幡平市で展覧が開催されています。会場では、コミックカバー原画や代表作「ミヨリの森」関連の原画を紹介するほか、NPO法人の活動のために描きおろしたイラスト原画の紹介されています。

●日程
2009/10/10日(土)〜11月10日(火)
*会場の都合によっては変更となる場合もあります

▼問い合わせ
いわて漫画展実行委員会
岩手町立 石神の丘美術館
電話/0195-62-1453

▼会場詳細
澤口酒店2階 コミュニティスペース
※googleマップにリンクします。
岩手県八幡平市大更2-11-2
TEL:0195-78-8055
開館時間/7:00〜21:00
会期中無休

line
parts 展覧会「マンガ百花繚乱―いわての漫画家50の表現」展

bunkamura
※クリックすると拡大します。

 岩手県・石神の丘美術館、萬鉄五郎記念美術館にて、岩手在住・出身、岩手ゆかりの漫画家の作品を一堂にあつめた展覧会「マンガ百花繚乱―いわての漫画家50の表現」展が開催されます。

▼日程
2009/7/18(土)〜9/6(日)
▼会場
萬鉄五郎記念美術館
開館時間/8:30〜17:00
休館日/月曜日
石神の丘美術館

開館時間/9:00〜17:00
休館日/無休

※詳細は各開催会場にお問い合わせください。

・小田ひで次の出展予定作品
萬鉄五郎記念美術館での出展作品
・コミックカバー5種
『拡散 上・下』
『続・ミヨリの森の四季』
『クーの世界』
『手乗りマンモスのモウちゃん』

・ミヨリの森の奥深く
・oyugiシリーズ

■石神の丘美術館での出展作品
・サイカチ物語

※出展会場によって出展作品が異なります。予めご了承ください。

ミュージアム・ギャザリングに記事掲載
 Bunkamuraのミュージアム・ギャザリングに氏のインタビューが掲載されました。 bunkamura
「手乗りマンモスのモウちゃん」発売
   1月23日『手乗りマンモスのモウちゃん 1』が講談社 (KCデラックス)より発売されました!
※詳しくはworksをご覧ください。
氏より年賀状
年賀状     氏より皆様宛の年賀状が届きました。
※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。
2008年
ライン
続編・復刊! 11月28日同時発売!!
 絶版となっていた「クーの世界」、「拡散」。待望の続編「続・ミヨリの森の四季」が2008年11月28日に同時発売。
拡散 上 (BEAM COMIX)/エンターブレイン/¥798(税込)
拡散 下 (BEAM COMIX)/エンターブレイン/¥798(税込)
クーの世界/秋田書店/1260円(税込)
続・ミヨリの森の四季/秋田書店/700円(税込)

※詳しくはworksをご覧ください。
※店頭用ポップ&チラシイラストをgalleryに追加しました。
小田ひで次×鈴木志保トークセッション開催
 「クーの世界」「続・ミヨリの森の四季」(秋田書店)刊行記念トークセッション開催
 ■2008年12月5日(金)
18:30〜(18:00開場)
※トークのみで、サイン会の予定はございません。
会場:新宿三越アルコット8階ジュンク堂書店 喫茶コーナー
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
定員40名(定員になり次第〆切になります)
申し込み:ジュンク堂書店 新宿店7階カウンターにて。 またはお電話でのご予約も承ります。
(TEL 03-5363-1300)

■ジュンク堂書店
NHK-FM『ミヨリの森』再放送(全10回)
     2004年にNHK-FMにて放送されたラジオドラマ『ミヨリの森』が再放送されます。
【放送日時】
6月9日(月)〜6月13日(金)
22:45〜23:00(1-5回)
6月16日(月)〜6月20日(金)
22:45〜23:00(6-10回)


原作:小田ひで次
脚色
黒沼美佳子
選曲
伊藤守恵
演出
真銅健嗣
技術
西田俊和大塚豊
音響効果
吉田直矢千本木真純
出演:星野聖良
大塚道子佐々木敏唐沢潤西村淳二田の中勇江良潤松野太紀 浦和めぐみ沢りつお込山順子建蔵佐藤せつじ
■NHK-FM
縄文街道企画展
漫画家小田ひで次双六挿絵原画展
 NPO法人 風景の生命(いのち)を守る地域づくりネットワークが企画した“双六(そごろく)”で使われた挿絵の原画展が開催されています。
開催日 5月13日(水)〜26日(月)
@道の駅にしね
開設時間9:00〜18:30
岩手県八幡平市大更第2地割154-36
(問)道の駅にしね tel.0195-75-0070
オフィシャル同人誌20人+α「二十面相の娘」に掲載
   月刊コミックフラッパーの付録「20人+αの二十面 相の娘」に、氏の短編読み切りが掲載されました。

  付録の「20人+αの二十面相の娘」の執筆陣は――― 黒田硫黄・五十嵐大介・小田ひで次・トニーたけざき・袴田めら・ 大西実生子・石黒正数・いけだたかし・赤城毅・kashmir・秋★枝・ 鳩山郁子・柳沼行・環望・志水アキ・加倉井ミサイル・新居さとし・豊田アキヒ ロ・okama・平野綾らが『二十面相の娘』を描く永久保存必須の一冊! 超豪華メンバーによる、それぞれの「二十面 相の娘」をお楽しみ下さい!!
■月刊コミックフラッパー

 氏から皆様への年賀状が届きました。
※左の画像をクリックすると拡大されます


 

2007年

 氏のインタビューが『ピテカントロプス/MiChao!』に掲載されています。ファンの方には有名(?)な「ODA-TONE」も紹介されています。
MiChao!


 講談社オリジナル新作の無料漫画サイト『ピテカントロプス/MiChao!(ミチャオ)』にて、氏の新連載『手乗りマンモスのモウちゃん』スタート。

PCでは2007/11/16からスタート


携帯では10/26からスタート

携帯でのアクセス方法
i-モード
iMenu > メニューリスト > TV/ラジオ/雑誌/小説 > 小説/コミック > まんがイナズマ大革命
※対応機種:NTTドコモ FOMA90Xiシリーズ、700iシリーズ以降
EZ‐WEB
EZトップメニュー > カテゴリを探す > 電子書籍 > コミック > Handyコミック
対応機種:au CDMA1X WIN端末 (W11シリーズを除く)
Vodafone Live!
メニューリスト > 書籍・コミック・写 真集 > 電子コミック > Handyブックショップ
対応機種:ボーダフォン3GC端末
■「MiChao!」携帯info

10/27
   
 氏が講師を務める宇都宮文星短期大学の学園祭「北斗祭」にて、アニメーション美術監督・山本二三氏と対談が実現します。
また、学園祭の両日とも模擬店『アートショップひでG』がオープン。イラストの展示、オリジナルグッズの販売も行います。両日とも氏が販売員をするそうです。

宇都宮文星短期大学[第19回北斗祭]
2007年10月27日(土)AM10:00〜PM6:00
/28日(日) AM10:00〜PM3:00
宇都宮文星短期大学
※問い合わせ ・本学事務局 〒320-0058栃木県宇都宮市上戸祭4-8-15 TEL.028-625-6888(代) FAX.028-625-6822
<北斗祭実行委員会>
08/16   『ミヨリの森の四季』が8月16日発売されました。 「ミステリーボニータ」(秋田書店刊)に連載されていた「ミヨリの森」の続編。
02/14   「ミステリーボニータ」(秋田書店刊)に連載された小田ひで次原作の『ミヨリの森』がTVアニメ化されることが決定!
※現在、「ミステリーボニータ」にて続編になる『ミヨリの森の四季』をシリーズ連載中。

『ミヨリの森』 概要
放送時期

8月25日土曜日 夜9〜11時10分
フジテレビ系 全国ネット
土曜プレミアム 夏休み特別企画

作品紹介  両親の別れによって祖父母の住む田舎に預けられることになった少女・ミヨリ。
 つらい現実から逃げようと空想ばかりしていたミヨリは、足を踏み入れた森で数々の不思議な出来事に遭遇する。なぜならその森は精霊たちが住むところだったから……!
キャスト 蒼井優/市原悦子/ほか
スタッフ 監督・絵コンテ・美術:山本二三
脚本:奥寺佐渡子

2006年
 
10/11
 
氏が講師を務める宇都宮文星短期大学の学園祭にて、漫画家・五十嵐大介氏との夢の対談が実現します。

宇都宮文星短期大学[第18回北斗祭]
2006年10月28日(土)、29日(日) 両日ともAM10:00〜PM6:00
宇都宮文星短期大学
※問い合わせ ・本学事務局 〒320-0058栃木県宇都宮市上戸祭4-8-15 TEL.028-625-6888(代) FAX.028-625-6822
<北斗祭実行委員会>

漫画家 五十嵐大介講演会
「現代の魔女を語る」
10月28日(土)PM2:00〜PM4:00
@宇都宮文星短期大学/本学大講義室
五十嵐大介はデビューから一貫して、日常の世界に闖入(ちんにゅう)してくる非日常的な存在を幻想的に描いてきた。いわば<魔女的な存在>が現代の世界にもたらすものはいったいなにか?その企みの一端を語っていただきます。

※五十嵐大介プロフィール
1969年埼玉県生まれ 多摩美術大学油画科卒業’93年講談社『アフタヌーン』より「お囃子が聞こえる」でデビュー。主な作品「はなしっぱなし」「そらトびタマシイ」「リトル・フォレスト」(以上、講談社)「魔女」(小学館)で文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞現在小学館『IKKI』にて「海獣の子供」連載中。


5/15  なんと!Vodafonに続いてDocomo、auでも『おはようひで次くん!』が読めるようになりました!す……凄い…。

アクセス方法
i-モード
iMenu > メニューリスト > TV/ラジオ/雑誌/小説 > 小説/コミック > まんがイナズマ大革命
※対応機種:NTTドコモ FOMA90Xiシリーズ、700iシリーズ以降
EZ‐WEB
EZトップメニュー > カテゴリを探す > 電子書籍 > コミック > Handyコミック
※対応機種:au CDMA1X WIN端末 (W11シリーズを除く)
Vodafone Live!
メニューリスト > 書籍・コミック・写真集 > 電子コミック > Handyブックショップ
※対応機種:ボーダフォン3GC端末
■「MiChao!」携帯info
※詳しくはコチラ(下の方にバナーがあります)

4/2

Vodafonで『おはようひで次くん!』が読めるようになりました。追々Docomo、auも展開していくらしい! 携帯で氏の作品が読めるとは……。凄い!

アクセス方法
対応端末:ボーダフォン 3GC以上(802SE機、モトローラ機、ノキア機除く)

■「MiChao!」携帯info
※詳しくはコチラ


3/3

月一連載『おはよう ひで次くん!』が色付きに
好評連載中の『おはようひで次くん』が
色付き(セピア?)になりました。
連載開始早々単行本が待ち遠しいです…。


■「MiChao!」

※簡単なメルアドの登録(無料)で
毎月の最新号は無料で読む事ができます!


2/3  『美術手帳』2006年2月号に掲載
「マンガは芸術(アート)か!? 進化するマンガ表現のゆくえ」 に小田ひで次が掲載されます。
『美術手帖』2006年2月号(2月17日発売)


2005年

※クリックすると大きくなります。

裏面はコチラ

進化する国際漫画のかたち ”ヌーベルまんが”
世界同時出版漫画企画「JAPON」「夢の空地」出版記念
2005年10月17日(月)〜24日(月)9:00〜19:00 >
於:文星芸術大学ギャラリー
※最終日は15:00まで。 22(土)、23(日)のみ17:00まで

フランス人漫画家フレデリック・ボワレ氏の提唱する 「ヌーベルまんが」の理念を基に小田ひで次(短大マンガコース講師) 「夢の空地」を皮切りに日仏作家描
き下ろしアンソロジー「JAPON」 ( 安野モヨコ、五十嵐大介、高浜寛、谷口ジロー、花輪和一、松本大洋、 ギベール、スファール、ド・クレシー、シュイテン他 )など、 世界六カ国 ( 日本、フランス、スペイン他 ) 同時出版の漫画企画が始動します。 本展覧会では「夢の空地」の原画、「JAPON」の作品紹介とラフスケッチ、 「クーの世界」 ( 「夢の空地」はその続編 ) のフィギュアなどが展示される予定です。 協力:飛鳥新社 季刊「S」

フレデリック・ボワレ講演会
2005年10月22日(土)13:00より (北斗祭開催中)>
於:第1キャンパス
大講義室 ゲスト:小田ひで次 入場無料 ご来場お待ちしています!
文星芸大へのアクセスはコチラ

08/21 アフタヌーン 四季賞 CHRONICLEにデビュー前の作品が掲載。
※こちらは予約が終了致しました。

デビュー前、幻の作品となっていた「魚」が、アフタヌーン 四季賞受賞作品 集に収録されることになりました。 この「魚」が四季賞佳作に入り、「拡散」でデビューに至ったわけです。 ついに「魚」も永い眠りからさめて世の中に泳ぎ出ることになったのだね…。 銅版画みたいな細かい線の暗い画面に、人間の存在とその関係性を問うセリフが ちりばめられた、実験的な、非常にストイックでカッコイイ作品です。 うーむ、「拡散」も「クーの世界」も、そして「ミヨリ」も、すべてはここから始まったんだ…。


●アフタヌーン 四季賞 CHRONICLE

さすが!アフタヌーンの歴史を飾るすごい面々が集まりました。 初期の作品ってマンガに限らず、音楽・絵・小説、何でもそうだけど、 その作家さんの、想いのエッセンスがギュッっとつまってるみたいな重要な作品が多いよね。 ‥‥そういう意味でもすごく読みがいがあるかも。 6300円とちょっと高いけども…。書店には並ばず、予約通 信販売のみ。

※くわしくは以下のサイトでご覧ください。
→http://www.afternoon.co.jp/cronicle.html


05/21 講談社 小説現代特別 編集
KODANSHA MOOK エソラ vol.2(05.6.28.刊行)に掲載。絶賛発売中! 18P 短編。 小田ひで次いわく「ダメ男シリーズ」。「モヤイ伝説」の続編。


05/10

「拡散」フランス語版 改訂新版完結
Casterman社から2004年末、10年ぶりに改訳となった「拡散」は、2005年5月10日に第2巻が出ました。今回はデザインが変わり、あざみちゃんが表紙を飾っています。 ホントに世界中に散った作品だよなぁ…感無量です。 巻末に 美術評論家 石川翠氏のエッセイ収録。

 

05/01

タイムブックタウンにキャラクター登場
電子貸本屋さん 「タイムブックタウン」のキャラクタ-デザインを手掛けました。 カリルとヨームです。小さいほうがカリルくん。上着を着てるのがヨームくん。 →リンク


 
06/28

「クーの世界」の続編、「夢の空地」ただいま執筆中
続編希望との声も高かった「クーの世界」の続編が、ついに刊行されます。 この公式ページが、オープンする頃には、小田ひで次は魔の追い込み期間に 突入!(「Diary/ひで次記」を参照) みなさん、「ひで次エール」をココロの中で送ってあげてください。 時は流れ、ちょっと驚きのシチュエーションで、物語は始まります。 なお、この作品はフランス語版が全世界で先行刊行され、 追って日本語版が出版されます。 詳細は決まり次第、こちらでお知らせします。ご期待ください。



2004年
11/17

「ミヨリの森」ラジオドラマ化決定! NHKFM放送  〜青春アドベンチャー〜 放送予定  2004年11月15日(月)〜26日(金) 22:45〜23:00 再放送      11月22日(月)〜12月3日(金)  (月〜金・2週で 全10回)
「ミヨリの森 特別編」ミステリーボニータ 12月号掲載。 ラジオドラマにあわせてミヨリの特別 編が!11月6日発売です。


10/15 文星芸術大学・宇都宮文星短期大学 学園祭「北斗祭」開催 会期:10月23日(土) 24日(日) "23日午後1時より、美術評論家・石川翠氏が特別 講演。" テーマ「マンガ家小田ひで次について」 *入場無料です。 *小田ひで次も参加します。 『アートショップひでG』オープン。小田ひで次とマンガコース ・デザインコースの学生有志による作品の展示と販売。 小田ひで次が理事をつとめるNPO法人で作った「縄文街道グッズ」 "(マグカップや手ぬ ぐい)も、特別販売します。" "体育館前のロータリーのテントで行いますので、ぜひお越し下さい!

 
1/23 宇都宮文星短期大学教員と助手・卒業生・在学生によるグループ展 『夢中遊戯』  ギャラリー銀座フォレストにて開催  会期:2004年2月1日(日)〜2月7日(土) 12:30〜18:00 *最終日は17:30終了。
*ギャラリーまでのアクセス ・地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 10番出口より1分 ・地下鉄銀座線 銀座駅 A13番出口より5分 京橋駅より4分 ・JR有楽町駅より6分 "*DMをご希望の方はメールにて『夢中遊戯のDM希望』と、お知らせ下さい。
数に限りがあるのでお早めに。
 


2003年
12/1 「ミヨリの森」(秋田書店)12月11日発売!  下記の書店にて複製原画展とサイン本の発売があります。(各店サイン本12冊限定) ジュンク堂書店池袋本店/芳林堂書店高田馬場店/ブックファースト池袋店 /ジュンク堂大阪本店/福家書店福岡店

 
11/8 星新一原作コミックス、タイトルは「星新一★午後の恐竜」と決定。トリをつとめます。

 
5/26 星新一原作のコミックス発売決定!6/19売。共著ですが、クー以来、2年ぶりの単行本です。

 
4/30 6/19に星新一原作のマンガのコミックス発売決定しました。共著ですが、クー以来2年ぶりの単行本です。

 
3/11 小田ひで次が参加している FITN で、氏のイラストのカレンダーが販売中。" 詳しくはFITNホームページで。
『FITN』

 
3/3 吉幾三が主題歌を歌っていることで知られる、NHKの「ふだん着の温泉」で、" "小田ひで次が参加しているNPOの理事が経営している温泉、旭日之温泉が" 全国に紹介されることになりました。 小田氏のカレンダー制作風景やサイカチ活動の一端も紹介されている…?

 
2/15 「ミヨリの森」が、「ミステリーボニータ」(秋田書店)に3/6発売号より4〜6回の連載予定。お楽しみに。

 
1/8 「MOE(モエ)」2003年2月号に「クーの世界」のイラスト掲載。


2002年
・12/25 読みきりマンガ「きんぴら」、来年2003年 2月号の「アフタヌーン」(講談社)に掲載。

 
・10/17 小説「GOTH」(作:乙一)の挿絵を担当。 「QuickJapan 45号」(太田出版 10/15 発売)に掲載しています。  



「これより前は憶えておらんなぁ」


すべての画像およびテキストの無断転載、使用、リンクは ご遠慮ください。
Copyright (C) 2005-2011 Oda Hideji web site lab. All Rights Reserved.